サラダほうれん草と通常のほうれん草の違いと特性 | 違いのわかるぶろぐ
本サイトのコンテンツには、プロモーションが含まれている場合があります。

サラダほうれん草と通常のほうれん草の違いと特性

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

一般的なほうれん草は生で食べるには向いていませんが、サラダほうれん草は生食可能なよう品種改良されたものです。

見た目と栄養価はほぼ同じで、主な違いは栽培方法、アクの量、そして葉や茎の柔らかさにあります。

サラダほうれん草は特に柔らかく、生で食べるのに適しています。

スポンサーリンク

サラダほうれん草と普通のほうれん草の違い

主要な違いは?

サラダほうれん草と普通のほうれん草は以下の点で異なります。

  • 生で食べられるかどうか
  • 栽培方法の違い
  • アクの含有量
  • 葉と茎の柔らかさ

生で食べられるか

通常のほうれん草は生での摂取には不向きで、シュウ酸により味が悪くなることがあり、過剰に摂取すると健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

一方、サラダほうれん草は生での食用に適した品種改良が施されており、サラダなどに直接使用することができます。

栽培方法の差

サラダほうれん草は主に水耕栽培されており、これによりシュウ酸の吸収が抑えられ、生で美味しく食べられるようになります。

一方で、通常のほうれん草は土壌で栽培され、より多くのシュウ酸を吸収します。

アクの違い

シュウ酸はほうれん草に含まれるアクの主要成分です。

普通のほうれん草にはこの成分が多く含まれており、通常はアク抜きが必要です。

サラダほうれん草はシュウ酸が少ないため、そのまま安全に食べることができます。

葉と茎の柔らかさ

普通のほうれん草は葉が硬く生食には不向きですが、サラダほうれん草は葉や茎が柔らかく苦みが少ないため、生のサラダに最適です。

スポンサーリンク

ほうれん草とサラダほうれん草の栄養差

サラダほうれん草と通常のほうれん草では、栄養成分に大きな違いはありません。

どちらも鉄分、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンK、βカロチンなど、重要な栄養素を豊富に含んでいます。

ただし、普通のほうれん草を加熱すると栄養素が流出するため、同じ量を食べる場合、生で摂取するサラダほうれん草の方が栄養を多く摂取できる可能性が高いです。

サラダほうれん草は生で食べることも加熱して食べることも可能ですが、栄養を最大限に保持するためには生での摂取が推奨されます。

スポンサーリンク

まとめ

普通のほうれん草は生で食べることもできますが、アクを減らすために水にさらす処理が推奨されています。

しかし、シュウ酸が多く含まれており、葉が硬いため、生で食べる際にはサラダほうれん草の方が適しています。

サラダほうれん草はアクが少なく、葉が柔らかいので、サラダなど生での利用に最適です。

この記事を書いた人
違いのわかる男
違いのわかる男をフォローする
スポンサーリンク
食べ物
タイトルとURLをコピーしました