「手放す」と「手離す」の正しい使い分けと意味の違い | 違いのわかるぶろぐ
本サイトのコンテンツには、プロモーションが含まれている場合があります。

「手放す」と「手離す」の正しい使い分けと意味の違い

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「手放す」という言葉は、自分が所有している物を売る、あげる、または捨てることで、自分のものでなくなる状況で使用されます。

また、手に持っているものを放す、または何かを自分の近くから離すという文脈でも使われます。

【例文】重要な研究データを手放し、大金を受け取った。

一方で、「手離す」という表現は、主に「手離れ」として使用されることが一般的です。

この言葉は、子供が親の保護から離れて自立するなど、何かが自分の管理や保護から独立していくという状況を表します。

スポンサーリンク

「手放す」と「手離す」の使い分けと意味の解説

「手放す」はどのシーンで使う?

「手放す」という言葉は、自己所有の物を売ったり、譲ったり、または捨てる行為に使われます。

この表現は、手に持っているものを放すことや、何かを自分の側から離す状況にも適用されます。

例えば、「重要な研究データを手放し、大金を受け取った」という文に使うことができます。

「手離す」とは?

「手離す」という表現は、主に「手離れ」という形で使われます。

これは、特に子供が親の世話から自立するなど、何かが自分の管理下から独立する際に用いられます。

スポンサーリンク

「手放す」と「手離れ」の正しい使い方

正しいのは「手放す」か?

自宅にある国語辞典を参照したところ、「手放す」という表現は『角川書店の国語辞典』や『ベネッセのチャレンジ小学国語辞典』などにも掲載されており、広く使われています。

これらの辞書では、「手放す」とは物を放す行為や、所有物を他人に譲渡することと解説されています。

「手離れ」の意味と使用例

「手離れ」という言葉は、「角川国語辞典」に掲載されており、幼児が母親の手から自立することや、製品が完成して追加の作業が不要になることを指す場合に使用されます。

これは、何かが成長や完成を迎え、それ以上の手がかりが不要になる状況を表します。

つまり、「手放す」とは物理的または象徴的に何かを放す行為を意味し、「手離れ」は成熟や完成により自立する状態を表します。

それぞれの文脈で正確に使い分けることで、意図を明確に伝えることができます。

スポンサーリンク

「手放す」と「手離れ」の使い分けと具体例

「手放す」の具体的な使用例

  • 母はダイヤの指輪を手放す以外の方法がなかった。
  • 彼女は可愛がっていた大切な猫をとうてい手放すことはできなかった。
  • もはや使われなくなった家を手放すのは残念ですが、やむを得ません。

「手離れ」の適用例

  • 彼女は子どもが手離れしたので、近くのパン屋でパートとして働いている。
  • その仕事は終了し、やっと手離れした。
  • この製品は品質基準を満たしたので、開発担当者から手離れした。
スポンサーリンク

「手放す」の正しい使い方

物品や人間関係の終結に際しては「手放す」という表現を用います。

例えば、車や恋人との関係が終わる際には、所有権や結びつきを放棄する意味合いで使用されます。

この表現は、物理的または感情的な距離を置く場面で役立ちます。

スポンサーリンク

「手放す」と「手離れ」の否定形の意味

「手放す」に「ない」を加えた場合

「手放す」に否定形「ない」を付けると、「手放せない」や「手放さない」という表現になります。

これらは「手放す」とは反対の意味を持ち、以下の状況を示します。

  • 手に持っているものを放さない
  • 自分の所有物や権利を他人に譲渡しない
  • 自分の側から何かを離さない

これらの用法は、何かを維持または保持し続ける意向を表しています。

「手離れ」に「ない」を付けたときの意味

「手離れ」に否定形「ない」を加えると、「手離れしない」という形になります。

これは「手離れ」の直接的な反対を意味し、以下のような状況を表します。

  • 子どもがまだ親から自立していない、または自立するにはまだまだ成長が必要である
  • 製品やプロジェクトが完成しておらず、引き続き作業や加工が必要である

この表現は、継続的なサポートや介入が必要な状態を指し示します。

スポンサーリンク

まとめ

否定形を使った「手放す」「手放さない」は、物や人との繋がりを保持する意思を示し、「手離れ」「手離れしない」は、まだ自立や完了に至っていない状況を表します。

これらの表現を適切に使い分けることで、意図をより明確に伝えることができます。

この記事を書いた人
違いのわかる男
違いのわかる男をフォローする
スポンサーリンク
言葉
タイトルとURLをコピーしました