「稼働」「稼動」「可動」の違い。意味と正しい使用方法 | 違いのわかる女のぶろぐ
本サイトのコンテンツには、プロモーションが含まれている場合があります。

「稼働」「稼動」「可動」の違い。意味と正しい使用方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「稼働」「稼動」「可動」の理解

「かどう」と読む言葉にはいくつか種類がありますが、特に「稼働」と「稼動」は混合されやすい言葉です。

これらの言葉の意味と、同様によく混同される「可動」という言葉との違いについて説明します。

スポンサーリンク

稼働とは何か

「稼働」には2つの主な意味があります。

まず、人が仕事をして収入を得る状態を指します。

例えば、「稼働日数を計算する」や「現場はフル稼働」という表現がこれにあたります。

もう一つの意味は、機械が動作している状態を指します。

この場合は、「工場の機械が連続稼働している」というように使われます。

「稼働」の「稼」という字は、農作業や収穫と関連し、「お金を稼ぐ」ことも意味します。

「働」という字は、人が活動する様子を表す日本独自の漢字です。

スポンサーリンク

稼動の理解と使い方

「稼動」の意味は「稼働」と非常に似ています。

これも人や機械が働いている状態を意味します。

「稼」の意味は同じく、「動」という字は物が動くことを意味します。

スポンサーリンク

「稼働」と「稼動」の区別

「稼働」は一般的に「人の労働」を、「稼動」は「機械の動作」を指す場合に使われることがありますが、実際にはこれらの明確な区別は難しいこともあります。

そのため、普通は「稼働」を使うことが多いです。

迷った際は「稼働」を選ぶと良いでしょう。

スポンサーリンク

可動の意味

「可動」とは、動かすことができる状態や、動く機能が備わっていることを意味します。

「可」という字は「可能」という意味を持ち、「動」は動くことを指します。

例えば、「腕の可動範囲」や「可動式の模型」などがこの用語の使用例です。

スポンサーリンク

稼働率と可動率の違い

「稼働率」と「可動率」は混同しやすいですが、意味は異なります。

「稼働率」は設備全体の中で実際に稼働している割合を、一方「可動率」は機械を動かす際に無事に動かせる割合を意味します。

この記事を書いた人
違いのわかる女
違いのわかる女をフォローする
ブログランキングに参加しています
てんみり
てんみり

いつも応援ありがとうございます♪
下のバナーをクリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

スポンサーリンク
U-NEXT
漢字
違いのわかる女のぶろぐ
タイトルとURLをコピーしました