牡蠣(カキ)「生食用」と「加熱用」の重要な違いと選び方のコツも解説 | 違いのわかるぶろぐ
本サイトのコンテンツには、プロモーションが含まれている場合があります。

牡蠣(カキ)「生食用」と「加熱用」の重要な違いと選び方のコツも解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

牡蠣(カキ)と言えば、スーパーに並ぶ「生食用」と「加熱用」があります。

同じ見た目でも、牡蠣(カキ)の選び方には大きな違いが隠されています。

実は鮮度ではなく、牡蠣(カキ)の採取海域や処理方法がこれらを分ける決定的な要因です。

この記事では、「生食用」と「加熱用」牡蠣(カキ)それぞれの特徴とおすすめの食べ方を紹介し、牡蠣(カキ)選びのコツを解説します。

スポンサーリンク

牡蠣(カキ)の選び方「生食用」と「加熱用」の意外な違い

牡蠣(カキ)の選び方のポイントは?

冬に旬を迎える牡蠣(カキ)は、そのまま生で食べるのも、焼いて、フライにして、煮ても楽しめる海の幸です。

しかし、スーパーや市場で売られている牡蠣(カキ)には「生食用」と「加熱用」がありますが、その違いをご存知でしょうか?

牡蠣(カキ)「生食用」と「加熱用」の違いは「鮮度」ではない!

多くの人が「生食用」と「加熱用」牡蠣(カキ)は「鮮度の違い?」と考えがちですが、実際の違いは鮮度ではありません。

実際のところ、生食用と加熱用の違いは、海域や処理方法にあります。

新鮮さはどちらも重要ですが、食品衛生法によって厳しく定められた条件で管理されるのが生食用なのです。

スポンサーリンク

なぜ「生食用」牡蠣(カキ)には厳しい基準があるの?

牡蠣(カキ)は水中のプランクトンを食べて育つため、水質や環境が直接品質に影響します。

特に生食用牡蠣(カキ)は、水中の細菌やウイルスが内臓に蓄積しやすいため、特定の海域で採取し、浄化処理を施して食品衛生法に準じています。

加熱用牡蠣(カキ)の特徴とおすすめの食べ方

加熱用牡蠣(カキ)は、一般に栄養豊富な環境で育ち、大きく成長しやすい傾向にあります。

加熱用の方が、より風味があり、洗浄されていないためうまみも豊富だとか。

つまり、加熱することで、その風味がさらに引き立ち、カキフライやカキ鍋、カキバターなど、様々な料理で楽しむことができのです。

スポンサーリンク

まとめ

牡蠣(カキ)の賢い選び方は、ずばり、用途に合わせて「生食用」または「加熱用」を選ぶことが重要です。

どちらもその鮮度は同じで、使い方に応じた特性があるということです。

この記事を書いた人
違いのわかる男
違いのわかる男をフォローする
スポンサーリンク
食べ物
タイトルとURLをコピーしました