「青じそ」と「大葉」の違いと呼び名についても深く解説 | 違いのわかるぶろぐ
本サイトのコンテンツには、プロモーションが含まれている場合があります。

「青じそ」と「大葉」の違いと呼び名についても深く解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「青じそ」と「大葉」の名称の違いについて、多くの人が誤解していることがありますが、実際にはどちらも同じ植物を指しています。

「青じそ」は植物の学名であり、「大葉」は商品名として使われています。

この記事では、その違いと一般的な認識、専門家の解説を通じて、この一般的な混同について解説していきます。

スポンサーリンク

「青じそ」と「大葉」の違い

青じそ」と「大葉」の最も大きな違いは、名称の由来にあります。

「青じそ」は植物全体を指す一般的な名前であり、「大葉」は特定の用途や形状の葉を市場向けに分けた商品名です。

元々は「芽じそ」として販売されていた小さな芽を区別するために、成長した葉を「大葉」と命名しました。

スポンサーリンク

「青じそ」と「大葉」の違いとその誤解

一般的な認識とその誤解

多くの人がスーパーマーケットで「青じそ」と「大葉」という名前で販売されている商品を見ていますが、実はこれらは同一の植物の異なる呼称です。

「青じそ」は植物の名称であり、「大葉」は商品名として使われています。

一般的には、「青じそ」はその学術名であり、1960年代に愛知県または静岡県の生産者が市場向けに「大葉」という名称を付けたと言われています。

市民の声と専門家の見解

多くの人が色や厚さで「青じそ」と「大葉」を区別しているようですが、専門家はこれらが同じ植物であると説明しています。

とある専門家によると、日本で流通する「大葉」の約三分の一は豊橋から出荷されており、これが「青じそ」の一部であることを示しています。

スポンサーリンク

全国調査による呼び名使用率

最近の全国調査によると、「大葉」と呼ぶ人が54%で、「しそ」と呼ぶ人が42%と、やや「大葉」の方が多い結果となっています。

この調査は、これらの用語の使用に関する地域差や世代差を示唆しています。

スポンサーリンク

まとめ

「青じそ」と「大葉」の間には、根本的な植物学的な違いはありませんが、商品名としての「大葉」が特定の使用状況や形状を想定している点が異なります。

このように、日常用語と専門的な用語の違いを理解することが重要です。

この記事を書いた人
違いのわかる男
違いのわかる男をフォローする
スポンサーリンク
食べ物
タイトルとURLをコピーしました