「甥っ子」と「姪っ子」の違い。意味と使い分けを解説 | 違いのわかるぶろぐ
本サイトのコンテンツには、プロモーションが含まれている場合があります。

「甥っ子」と「姪っ子」の違い。意味と使い分けを解説

スポンサーリンク
甥っ子 姪っ子 違い 言葉
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「甥っ子」と「姪っ子」という言葉の定義と、それらがどのように使われるかを詳しく解説します。

スポンサーリンク

「甥っ子」とは?

「甥」とは自分の兄弟姉妹の男の子を指し、親しみを込めて「甥っ子」と称されます。

時に「甥っ子」がその甥の子どもを意味すると誤解されることもありますが、これは不正確です。

法的には、「甥っ子」は直接の親族であり、特定の近親間では法律上の結婚制限が適用されます。

自分自身が独身であっても、配偶者の兄弟の子どもも「義甥」として認識され、これも親しみを込めて「甥っ子」と呼ぶことがあります。

また、自分が「甥っ子」から見た場合、男性は「おじさん」、女性は「おばさん」とされ、親の兄は「伯父」、弟は「叔父」と区別されます。

女性の場合は「伯母」または「叔母」となりますが、「甥」の場合はどのような状況でも同じ漢字が使われます。

スポンサーリンク

「姪っ子」の定義とその用途

「姪」とは、あなたの兄弟姉妹が持つ女の子を指します。この関係をより親密に表現するために使われる言葉が「姪っ子」です。

「姪っ子」は「甥っ子」と同じく、親族の一員を表す言葉であり、主に性別が異なることを除けば、その使用方法や意味に大きな差はありません。

家庭内で親しみやすさを込めて呼ぶ際に用いられることが多いです。

スポンサーリンク

「甥っ子」と「姪っ子」の違い

「甥っ子」とは自分の兄弟姉妹の男の子を指し、「姪っ子」はその女の子を指します。

これらの用語の違いは、性別に基づいています。

スポンサーリンク

まとめ

「甥っ子」は兄弟姉妹の息子に対して親しみを込めて使用される呼称であり、「姪っ子」もまた兄弟姉妹の娘に対して同様に使われます。

これらはどちらも愛情を込めて呼ぶ愛称であり、本質的な意味の違いは性別の違いのみです。

配偶者の兄弟姉妹の子どもに対しても、「義甥」「義姪」という言葉が用いられ、親しみを持って「甥っ子」「姪っ子」と呼ばれることがあります。

これらは法律上、3親等の親族にあたり、血縁がある場合には結婚に制限があることを意味します。

さらに、「甥っ子」「姪っ子」から見た場合、自分は「おじ」「おば」とされ、自分の父母の兄弟姉妹によっては「伯父」「叔父」「伯母」「叔母」という漢字表記に区別があります。

一方で、「甥」「姪」自体に年齢による表記の違いは存在しません。

この記事を書いた人
違いのわかる男
違いのわかる男をフォローする
スポンサーリンク
言葉
タイトルとURLをコピーしました