「plan」と「planning」の違いとは?正しい使い方を解説 | 違いのわかるぶろぐ
本サイトのコンテンツには、プロモーションが含まれている場合があります。

「plan」と「planning」の違いとは?正しい使い方を解説

スポンサーリンク
plan planning 違い 英語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

仕事でもプライベートでも、計画を立てることはとても一般的です。

日本では「プラン」と「プランニング」という単語が広く使われていますが、これらの違いについてはしばしばあいまいさが残っています。

この記事では、”plan” と “planning” の違いについて詳しく説明します。

スポンサーリンク

「plan」の意味と使用法

「plan」は名詞として「計画」や「案」として用いられます。

動詞としての使用では、「計画する」や「狙う」などの意味で活用されます。

日本語でいう「プラン」と同様、具体的にはすでに形になっている計画をさす場合が多いです。

「plan」の具体的な使用例

A. Here is the plan I’ve made. (これが私が作った計画です。)

B. I plan to visit that place. (私はその場所を訪れる予定です。)


ここで、Aは名詞としての「plan」を、Bは動詞としての「plan」を使用しています。

「plan」は可算名詞であり、その複数形は「plans」となります。

また、「plan to〜」という形式で「〜する予定」と表現することが一般的です。

この表現は日常会話やビジネスの文脈で非常に役立ちます。

スポンサーリンク

「planning」の概念と使い方

「planning」は名詞で「計画の立案」を指しますが、元々は動詞「plan」の現在分詞です。

この形は、「計画中」を意味し、進行中のまたはまだ完成していない計画を示すことがあります。

文脈によっては動名詞として扱われることもあり、「be動詞 + planning」という形式で進行形が用いられることも一般的です。

「planning」の具体的な使い方

A. He works in life planning. (彼は人生設計の仕事をしています。)

B. I am planning to visit that place. (私はその場所を訪れる予定を立てています。)

例えば、Aの「○○ + planning」という形式では、その計画や設計を指す言葉として使われ、「ライフプランニング」のように日本語で表現されることもあります。

Bでは、「planning」は動名詞や現在分詞として活用されており、ただの計画を超えて、「行く予定」といった進行中の活動を示します。

これによって、「plan」の単純な使用とは異なり、計画が進行中であることが強調されます。

スポンサーリンク

「plan」と「planning」の使い分けとその意味

「plan」と「planning」はどちらも日本語で「計画」と訳されることが多いですが、その用途には明確な違いがあります。

「plan」はすでに形になった具体的な計画を指すのに対し、「planning」は計画を立てるという進行中の活動を指します。

また、「plan」は計画をするという意味でも動詞として使用されますが、「planning」は主に進行形や動名詞として使用されることが一般的です。

スポンサーリンク

まとめ

この記事では日常生活やビジネスシーンで頻繁に用いられる「plan」と「planning」について詳述しました。

基本的には両者ともに「計画」という意味で使われますが、既に完成した計画を示すか、まだ進行中のプロセスを表すかによって使い分けられます。

文脈に応じてこれらの語の違いを理解し、適切に使い分けることが重要です。

この記事を書いた人
違いのわかる男
違いのわかる男をフォローする
スポンサーリンク
英語
タイトルとURLをコピーしました