「ベッド」と「ベット」の違い。睡眠用家具の名称の表記について | 違いのわかる男のぶろぐ
本サイトのコンテンツには、プロモーションが含まれている場合があります。

「ベッド」と「ベット」の違い。睡眠用家具の名称の表記について

スポンサーリンク
「ベッド」と「ベット」の違い 英語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

睡眠用の家具としてよく知られている「ベッド」は、家具店や医療施設などで広く使用されています。

しかし、発音が似ているため、「ベット」と記述されることも少なくありません。日常生活で頻繁に目にするこれらのカタカナ用語ですが、果たしてどちらが適切な表記なのでしょうか?

本稿では、「ベッド」と「ベット」の表記の違いと、それぞれの使用法について詳細にご説明します。

スポンサーリンク

「ベッド」と「ベット」の用語比較:寝具かギャンブルか

「ベッド」と「ベット」という二つの単語について、辞書でその意味を見てみましょう。

まず、「ベッド(bed)」は、「寝台」「寝具」としての意味合いで使用されることが多いです。

たとえば、「介護用ベッド」や「ダブルサイズベッド」などが典型的な使用例です。

私たちが日々眠る寝具も、この「ベッド」のカテゴリーに含まれます。

一方で、「ベット(bet)」は、「賭け事」「掛け金」を指す言葉として用いられます。

この用語はカードゲームやカジノで見かけるもので、ドイツ語の「bett」に由来し、英語では「bet」と表記されます。

例えば、「ベットをする」という表現で使われ、既存の賭けに追加資金を投じる行為も「ベット」と呼ばれます。

このように、これらの単語は全く異なる意味を持っています。

したがって、例えば「寝台」を「ベット」と書いたり、「賭け事」を「ベッド」と書いたりするのは誤用です。

それでも、日常会話の中で「寝台」を指して「ベット」と言う人がいることも事実です。

ある調査によると、幼児から小学校低学年の子どもたちの間では「ベット」と発音することが多いですが、年齢が上がるにつれて「ベッド」と発音する割合が高くなります。

20代で「ベッド」と発音する人が最も多く、その後、再び「ベット」と発音する人が増えるというデータがあります。

特に、この傾向は女性により顕著です。

書面においては、「ベット」という表記は現代ではほとんど見られません。

新聞や雑誌、教科書、辞書、広告などでは「ベッド」という表記が一般的で、ニトリやイケア、無印良品などの家具メーカーも同様です。

しかし、稀に広告や看板で「ベット」という表記が見られることもあります。

スポンサーリンク

なぜ「寝具」を「ベット」と発音するのか

「寝具」を「ベット」と発音する背後には、いくつかの理由が存在します。

主要な理由の一つは、日本語話者にとって「ベット」が発音しやすいことにあります。

日本語の音韻体系では、濁音の前に促音がくることは一般的ではありません。

※「濁音(だくおん)」:ひらがなに濁点をつけたもの。

例:「が」「だ」「ざ」など。

※「促音(そくおん)」:「っ」「ッ」と表される、日本語特有の短い音。

例えば、「っが」「っだ」「っざ」などの組み合わせは、日本語のひらがなでは存在しませんが、カタカナの外来語では見られます。

このため、外来語が日本語に取り入れられる際、促音の後の濁音は清音に変わりやすい傾向があります。

この現象は、「ベッド」-「ベット」の例に限らず、以下のような例にも当てはまります。

  • 「バッグ」-「バック」
  • 「グッズ」-「グッツ」
  • 「ブルドッグ」-「ブルドック」
  • 「グッドバイ」-「グットバイ」
  • 「デッドボール」-「デットボール」
  • 「バッジ」-「バッチ」
  • 「ドッジボール」-「ドッチボール」など

戦前の日本では英語学習者が少なく、原語の綴りや発音を重視することは少なかったため、促音の後は清音で発音されることが一般的でした。

しかし、戦後になって英語教育が普及し、より原語に忠実な「ベッド」という表記が一般的になりました。

現代では「促音」+「濁音」の発音に慣れた人も増え、「ヘッド」「ビッグ」「エッグ」「ホットドッグ」などの外来語が本来の発音で使われるようになりました。

ただし、戦後すぐの世代では、発音のしやすさや聞き取りやすさから「促音」+「清音」で発音する人もいます。

そのため、現在でも「寝具」を「ベット」と発音する人がいるのです。

スポンサーリンク

「寝台」用語の正しい表記はどれか

「寝台」を意味する言葉における適切な表記は「ベッド」だと結論付けられます。

「ベッド」は英語の「bed」からの音声的な忠実な転写としてのカタカナ表記です。

それに対して、「ベット」という表記は発音しやすさを考慮して生まれた形ですが、本来の正確な表記は「ベッド」になります。

NHK総合放送文化研究所が実施したアンケート調査においても、「外来語の表記や形に関する質問」が行われました。

この調査では「ベッド」「ベット」のような表記に揺れが見られる外来語を示し、どちらの形が適切かを問うています。

この中には、「促音+濁音」を含む単語がいくつか含まれており、その結果は以下の通りです。

  • ベッド(表記:73%、発音:74%)
  • ベット(表記:26%、発音:23%)
  • ハンドバッグ(表記:68%、発音:74%)
  • ハンドバック(表記:29%、発音:22%)

※括弧内の数字は、左が「表記」での支持率、右が「発音」での支持率を示す。

この調査結果からは、原語の発音に近い形を支持する人が多いことが明らかになります。

つまり、「ベッド」と「ベット」においては、書き言葉だけでなく話し言葉においても「ベッド」の方が主流であることが分かります。

このため、発音に関しても将来的には「ベッド」への統一が進むと考えられます。

外来語として日本語に取り入れられた「ベッド」が優勢になったことは、日本語の音韻体系における変化を示しているとも言えるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

以下に本記事の要点をまとめます。

「ベッド」とは「寝台」「寝床」を指し、「ベット」は「賭け事」「掛け金」を意味します。

この「違い」は、「ベッド」が英語の「bed」からの直接的なカタカナ転写であるのに対し、「ベット」はドイツ語の「bett」をカタカナにしたものです。

「使い方」においては、「寝台」を意味する際は通常「ベッド」を用い、「ベット」は使用しないのが原則です。

「ベッド」と「ベット」の比較から、「ベット」が発音しやすいという点は確かにあります。

かつて英語教育が現在ほど普及していなかった時代には、「ベット」という表記も一定の理解を得ていました。

しかし、現代では英語教育が大きく進化し、本来の言語の形に沿った「ベッド」という表記が適切とされています。

これは言語の発展と教育の進展がもたらした変化の一例です。

タイトルとURLをコピーしました