「仕事始め」「仕事初め」違い。言い換えると?2024年はいつから? | 違いのわかる男のぶろぐ
本サイトのコンテンツには、プロモーションが含まれている場合があります。

「仕事始め」「仕事初め」違い。言い換えると?2024年はいつから?

スポンサーリンク
「仕事始め」「仕事初め」違いと言い換え 漢字
スポンサーリンク
スポンサーリンク


年末年始の休暇が終わり、お正月の余韻が残る中で、私たちは「仕事始め」を迎えます。

では、「仕事始め」と「仕事初め」とはどう違うのでしょうか?

また、2024年における「仕事始め」はいつから始まるのでしょうか?

この記事では、「仕事始め」の意味や、それを別の言葉でどう表現できるかについて、明確に説明していきます。

年始の業務再開に関する疑問に答え、新しい一年のスタートに向けた準備をしましょう。

スポンサーリンク

「仕事始め」「仕事初め」の違いは意味

「仕事始め」と「仕事初め」はどちらも「しごとはじめ」と読みますが、意味には微妙な違いがあります。

パソコンやスマートフォンで漢字を変換する際に「仕事初め」と表示されることがありますが、一般的には「仕事始め」という表現が正しいです。

「初め」という言葉は何かが「最初に」行われることを意味します。

一方、「始め」は何かが「始まる」ことを意味します。

「仕事初め」という表現は、新入社員が初めて仕事をする日と解釈できるかもしれませんが、実際にはそのような言葉は辞書にもなく、正式な用語ではありません。

一方で、年の初めに仕事を始めるという理由で「初め」と誤解されることがありますが、これも誤った表現です。

「仕事始め」は、一度区切りをつけた後、新たに仕事を再開することを意味しています。

スポンサーリンク

「仕事始め」の意味と2024年の日程

「仕事始め」とは、「しごとはじめ」と読み、新年における仕事や業務の再開日、またはその年の最初の業務日を指します。

2024年における「仕事始め」はいつからでしょうか?

特に、官公庁では12月29日から1月3日までを休日としていますので、仕事始めは1月4日になります。

もし1月4日が週末にあたる場合、仕事始めはその次の月曜日、つまり5日や6日になります。

官公庁では「仕事始め」の代わりに「御用始め」という言葉も使われますが、その詳細は後述します。

民間企業においては、年末年始の休日は企業ごとに異なりますが、多くの場合、官公庁の休日スケジュールに準じることが多いです。

したがって、2024年の「仕事始め」は1月4日(木曜日)となることが予想されます。

スポンサーリンク

「仕事始め」の別の呼び方とその意味

異なる職業では、「仕事始め」に対して独自の呼び方が存在します。

御用始め(ごようはじめ)

公務に従事する人、特に官公庁の職員は、新年の業務開始を「御用始め」と呼びます。

この用語は、江戸時代の幕府や藩の用命、宮中や官庁の公務を指す「御用」に由来しています。

大発会(だいはっかい)

証券取引所では、新年の業務開始日を「大発会」と称します。

この言葉は、証券取引所における新年最初の取引日、つまりその年の取引開始日を指します。

出初式(でぞめしき)

消防署では、新年の業務開始を「出初式」と呼びます。

消防署は年中無休ですが、毎年1月6日に行われる「出初式」は、その年最初の消防演習を意味します。

「出初」は「初めて出る」という意味を持ち、この式では消防士や消防団が機材や技術を披露し、地域住民に安心感を与えるとともに、火災予防の意識を高める目的があります。

スポンサーリンク

仕事始めの挨拶

新年になり、最初に出勤する際や取引先との初顔合わせの時には、相手の状況に応じて適切な挨拶を選ぶことが重要です。

忙しい場面や仕事を急ぐ必要がある場合には、簡潔な挨拶「あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。」で終えることが適切です。

また、相手が喪中の場合を考慮して、「本年もよろしくお願いいたします」という挨拶に留めることもあります。

時間に余裕がある場面では、以下のように挨拶を拡張し、より丁寧に対応すると良いでしょう。

上司へ

「あけましておめでとうございます。昨年中は大変お世話になり、ありがとうございました。今年もご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。」

同僚へ

「あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。お互い頑張りましょう。」

取引先へ

「あけましておめでとうございます。昨年中は大変お世話になり、ありがとうございました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。」

これらの挨拶は、ビジネスシーンにおける関係性を保ちながら、新年の始まりを礼儀正しく迎えるための方法です。

スポンサーリンク

まとめ

新年に迎える「仕事始め」の日の意味について理解が深まったと思います。

「仕事初め」という言葉が漢字変換で表示されることがありますが、これは誤解を招きやすい表現です。

実際には、年末に一度業務を終え、新年に業務を再開する日が「仕事始め」です。

この正しい理解を持つことで、新年の業務開始をスムーズに行うことができます。

また、ビジネスコミュニケーションにおいても、正確な言葉遣いは重要な要素となります。

タイトルとURLをコピーしました