「元日」「元旦」「正月」の違いと使い分け。年賀状や正月の適切な使い方も解説 | 違いのわかる女のぶろぐ
本サイトのコンテンツには、プロモーションが含まれている場合があります。

「元日」「元旦」「正月」の違いと使い分け。年賀状や正月の適切な使い方も解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「元日」「元旦」「正月」という言葉はよく耳にするものの、その違いや正しい使い方について深く考えたことはありますか?

この記事では、これらの言葉の意味と使い分けについて詳しく解説し、混同を避けるための具体的なガイダンスを提供します。

スポンサーリンク

元日と元旦の意味

元日は1年の最初の日、つまり1月1日を指します。

一方で、元旦は元日の朝、または1月1日全体を指す言葉です。

「旦」は太陽が地平線から昇る様子を表す漢字で、朝や夜明けを意味することから、元旦は特に1月1日の朝を指すとされます。

ただし、元旦が元日の朝を意味するため、1月1日の朝を「元旦の朝」と呼ぶのは避け、「元日の朝」と表現するのが適切です。

スポンサーリンク

年賀状には「元日」「元旦」どっちを使うのか?

年賀状は、元日の朝に届くように送るのが一般的なため、日付には「元旦」が用いられます。

年号を併記する場合は「◯◯年元旦」とするのが良いですが、「一月元旦」と月を入れると、1月が重複してしまうので間違いとされます。

スポンサーリンク

正月の範囲と意味

正月は1月を表す言葉で、元日や元旦とは異なり、1年の最初の月全体を指します。

一般的には、正月という言葉は新年を祝う期間を指し、その範囲は「三が日」と「松の内」に分けられます。

三が日は元日から3日間を意味し、この期間は祝日や休日とされ、新年のお祭りムードを表す場合にも使われます。

「正月休み」や「正月気分」といった表現は、この三が日を指して使われることが多いです。

松の内は正月の飾りがある期間を指し、古くは15日までを指していましたが、現代では7日までを指すのが一般的です。

ただし、地域によっては15日(小正月)や20日(二十日正月)までを松の内とする風習があります。

スポンサーリンク

まとめ

「元日」「元旦」「正月」の使い分けを理解することで、新年の挨拶や文章表現がより適切になります。

この記事を通じて、それぞれの言葉が持つ特定の意味を明確にし、新年を適切に祝うための言葉選びの知識を深めましょう。

この記事を書いた人
違いのわかる女
違いのわかる女をフォローする
ブログランキングに参加しています
てんみり
てんみり

いつも応援ありがとうございます♪
下のバナーをクリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

スポンサーリンク
U-NEXT
季節
違いのわかる女のぶろぐ
タイトルとURLをコピーしました