「晦日」と「大晦日」の違い。意味と読み方、定義から歴史も解説 | 違いのわかる女のぶろぐ
本サイトのコンテンツには、プロモーションが含まれている場合があります。

「晦日」と「大晦日」の違い。意味と読み方、定義から歴史も解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「晦日」と「大晦日」は日本の伝統的な暦に深く根差した言葉であり、一見似ているようで実は異なる意味を持っています。

この記事では、これらの言葉がどのようにして生まれ、どのように使い分けられてきたのかを探ります。

また、それぞれの言葉の正しい読み方や定義、そしてそれらが持つ歴史的な背景についても詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

「晦日」の意味と読み方

晦日は、月の最後の日を指します。

この言葉には「みそか」「つごもり」「かいじつ」という読み方があります。

「みそか」はもともと月の30日目を意味していましたが、現在では月末の日を指す言葉として使われ、31日の月では31日を指します。

「つごもり」は陰暦で月が隠れる月末を表し、「月隠(つきごもり)」から派生した言葉です。

「かいじつ」は「晦日」の音読みで、「晦」は月が隠れるさまを表します。

スポンサーリンク

「大晦日」の定義

大晦日は1年の最後の日、12月31日を指す言葉です。

年の最後の月の最終日であるため、「大」を冠して「大晦日」と呼ばれます。

一般的には「おおみそか」または「おおつごもり」と読み、「おおかいじつ」や「だいかいじつ」という読み方はされません。

これは、和語の当て読みが一般的であるためです。

スポンサーリンク

まとめ

この記事を通じて、「晦日」と「大晦日」の違いを理解することで、これらの言葉が持つ文化的な重みと歴史的な背景が見えてきます。

晦日が月の最終日を指し、大晦日が一年の終わりを象徴することは、日本の時間観念に根差した重要な意味を持っています。

この知識を持つことで、年末年始を迎える際に、それぞれの日をより意識的に、そして文化的な深みを持って過ごすことができるでしょう。

この記事を書いた人
違いのわかる女
違いのわかる女をフォローする
ブログランキングに参加しています
てんみり
てんみり

いつも応援ありがとうございます♪
下のバナーをクリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

スポンサーリンク
U-NEXT
季節
違いのわかる女のぶろぐ
タイトルとURLをコピーしました