ダージリン・セイロン・アールグレイの違い。味わい方や楽しみ方も紹介 | 違いのわかる女のぶろぐ
本サイトのコンテンツには、プロモーションが含まれている場合があります。

ダージリン・セイロン・アールグレイの違い。味わい方や楽しみ方も紹介

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダージリン・セイロン・アールグレイの違い、まずは、答えからお伝えしよう。

深い味わいと香り、甘いものとの相性を重視するなら、ダージリンが最適。

その苦味も魅力の一つ。 さっぱりとした味わいやミルクティーを楽しみたい時には、セイロンがおすすめ。

爽やかな香りを楽しむなら、アイスティーにもぴったりのアールグレイを試してみては。

カフェや喫茶店で、どの紅茶を選ぶべきか迷った経験はあるだろうか?

多くのお店ではメニューに「紅茶(ICE/HOT)」とだけ書かれていることが多いが、以下の種類は特に目にすることが多い紅茶の名前だ。

  • ダージリン
  • セイロン
  • アールグレイ

いくつかの紅茶から選ぶ機会があれば、その時の気分や好みに合わせた紅茶を選ぶことで、カフェでのティータイムが一層楽しいものになるだろう。

スポンサーリンク

ダージリン・セイロンとアールグレイの違いとそれぞれの特性

紅茶の中でも特に目立つこれらの3つの種類。

ダージリン、セイロン、そしてアールグレイ。

しかし、アールグレイはダージリンやセイロンとは異なる独自の性質を持っている。

ダージリンとセイロン:それぞれの産地が名前の由来

多くの人はすぐに気づくかもしれないが、ダージリンとセイロンはそれぞれが特定の産地にちなんで名付けられた茶葉である。

ダージリン:インドのダージリン地方で栽培される紅茶

インドからはダージリンの他にも、アッサムティーという名高い茶葉があり、多くの紅茶愛好家が楽しんでいる。

セイロン:スリランカ産の紅茶の総称

セイロンティーと言えば、ウバ、ディンブラ、ヌワラエリア、キャンディなど、多彩な種類が存在し、それぞれ独特の味わいを提供する。

アールグレイ:特別なフレーバーを持つ紅茶

よくダージリンやセイロンと並べられるアールグレイだが、実際にはフレーバーティーのカテゴリーに属する。

特に有名なフレーバーティーの一つである。

アールグレイは、中国茶を基にしてベルガモットの香りが加わった紅茶で、その独特の柑橘系の清涼感ある香りが特徴。

スポンサーリンク

ダージリン・セイロン・アールグレイの特徴とおすすめの飲み方

各紅茶が持つユニークな味わいの特性と、それを最も楽しむための方法を紹介。

ダージリン

世界三大銘茶のひとつであるダージリンは、その優れた風味で「紅茶のシャンパン」とも称される。

年間を通じて収穫されるタイミングにより、味わいが異なるのが特徴。

◆春摘み/ファーストフラッシュ(3-4月)

3月から4月に収穫されるファーストフラッシュは、新緑の葉から生まれるフレッシュな香りと味が特徴。

希少価値が高く、その繊細な風味をストレートで味わうのがお勧め。

◆夏摘み/セカンドフラッシュ(5-6月)

初夏に収穫されるセカンドフラッシュは、成熟した葉からくるより深い味わいが特徴。

マスカットのような香りがする上質な品種もあり、濃厚な風味をストレートで堪能できる。

◆秋摘み/オータムナル(10-11月)

10月から11月の収穫では、雨期を経た茶葉が濃厚な甘みと渋みを持つ。

この時期のダージリンはミルクティーにするとよりバランスの取れた味わいが楽しめる。

セイロン

スリランカ産の紅茶、セイロンはその標高による多様な味わいが魅力。

クセが少なく飲みやすいため、ストレートやミルクティーにしても美味しく楽しめる。

アールグレイ

フレーバーティーの代表格、アールグレイ。

ベルガモットの香りが加わり、さわやかな柑橘系の風味が特徴的。

アイスティーとしても、またミルクを加えても、その独特な風味が楽しめる人気の高い紅茶だ。

スポンサーリンク

カフェで紅茶選びに迷った際のガイド – どの茶葉を選ぶべきか –

カフェで紅茶を選ぶ際の決断に迷うことはよくある。

直感に従うのも一つの方法だが、紅茶選びで迷うときのための参考ポイントを提供する。

深みのある味と香りを堪能したい、または甘いものと一緒に紅茶を楽しむなら、苦味が特徴のダージリンが最適。

マイルドな味わいを好む、あるいはミルクティーを求めるなら、セイロンが良い選択肢。

爽やかな香りを楽しみたい、特にアイスティーを求める場合には、アールグレイが推奨される。

タイトルとURLをコピーしました