「覚える」「憶える」「覺える」の違い。意味と正確な使い方 | 違いのわかる女のぶろぐ
本サイトのコンテンツには、プロモーションが含まれている場合があります。

「覚える」「憶える」「覺える」の違い。意味と正確な使い方

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「覚える」「憶える」「覺える」の意味の違いについて

「おぼえる」と読む際に使われる、「覚える」「憶える」「覺える」という三つの漢字表記があります。

読み方は同じですが、それぞれの意味合いに違いはあるのでしょうか。

ここでは、これらの言葉の意味と使用方法について詳しく見ていきます。

スポンサーリンク

「覚える」の意味

「覚える」には複数の意味があります。

一番一般的な意味は「記憶する」ことです。

これは、見たり聞いたりしたことを心に残すことを指し、「九九を覚える」や「説明をしっかり覚える」のように用いられます。

また、「覚える」には「新しいことを習得する」、「体や心に特定の感覚を持つ」、「あることがそう思える」という意味もあります。

例としては「自転車の乗り方を覚える」、「疲れを覚える」、「その言葉に問題があると覚える」などが挙げられます。

スポンサーリンク

「憶える」の意味

「憶える」の意味は「記憶する」ということです。

これは、見聞きしたことを心に留めて忘れないようにすることを指します。

使用例には「注意点を憶える」「学生時代のことはあまり憶えていない」といったものがあります。

「憶える」に用いられる「憶」という漢字は、「心」に関連する象形と「音」を表す象形から成っており、「未だ言葉にならない思い」を表しています。

ここから「記憶する」という意味が生じました。

「覚える」と比較して、「憶える」は「記憶する」という意味に限定されており、他の意味を含みません。

また、公式文書では「憶」を「おぼえる」と読むことはできません。

スポンサーリンク

「覺える」とは

「覺える」は、「覚える」と同じ意味を持っています。

これには「記憶する」、「新しいことを習得する」、「体や心に特定の感覚を持つ」、「あることがそう思える」という意味が含まれます。

使用例としては、「百人一首を覺える」や「バイクの乗り方を覺える」などがあります。

「覺える」で使われる「覺」という字は、「覚える」の旧字体で、「学ぶ」や「はっきり見える」という意味から「おぼえる」「さとる」という漢字になりました。

現代では「覚える」の表記が一般的で、「覺える」の使用は少なくなっています。

この記事を書いた人
違いのわかる女
違いのわかる女をフォローする
ブログランキングに参加しています
てんみり
てんみり

いつも応援ありがとうございます♪
下のバナーをクリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

スポンサーリンク
U-NEXT
漢字
違いのわかる女のぶろぐ
タイトルとURLをコピーしました