「哀しき獣」映画の原題は?ネタバレ含む感想・キャスト・あらすじも | 映画&ドラマらぼんご
本サイトのコンテンツには、プロモーションが含まれている場合があります。

「哀しき獣」映画の原題は?ネタバレ含む感想・キャスト・あらすじも

スポンサーリンク
「哀しき獣」映画の原題は?ネタバレ含む感想・キャスト・あらすじも紹介 韓国映画
引用元:Amazon
スポンサーリンク
スポンサーリンク

哀しき獣」は、韓国映画「チェイサー」で衝撃的な監督デビューを飾ったナホンジン監督の2010年の韓国映画です。

韓国の貧困や裏社会を描いていて、R15指定されている作品だけあり、暴力的な描写、残酷な描写が多く韓国のノアール映画となっています。

今回は「哀しき獣」映画の原題、ネタバレ含む感想、キャスト、あらすじを紹介します。

スポンサーリンク

「哀しき獣」映画の原題は?

哀しき獣」という映画のタイトルは邦題で、原題は、原題は황해(黄海)です。

原題の「黄海」とは、朝鮮半島と中国大陸の間にある海のこと。

韓国映画「哀しき獣」は、中国に住む朝鮮族のグナムが、韓国に出稼ぎに行ったきり連絡のない妻を捜すこと、借金を返済することを目的として、韓国での殺人の仕事を請け負い、結果的に、命がけで黄海を渡って、韓国に密入国しするというもの。

スポンサーリンク

「哀しき獣」映画のネタバレ含む感想

ミョンは、裏社会を支配し、普段は犬を売る仕事をしていました。

グナムに目をつけたミョンは、韓国に渡ったグナムに、帰りの船が出るまでに、ソウルにいるキムという男を殺すよう依頼します。

冒頭から嫌な予感しかしない展開ですが、やはりグナムの仕事はスムーズには行かず、グナムは韓国でギリギリまで連絡のつかない妻を探していました。

しかし、妻は見つからず、グナムは、ミョンに言われた仕事をするために、キムを殺しにいきます。

しかし、マンションの階段でキムは既に殺害されており、実行犯とグナムはマンションの階段で鉢合わせしてしまいます。

血がドバドバ出るキムの殺害場面は、思わず目を背けたくなる程です。

実行犯であるキムの運転手は、目撃者であるグナムと揉み合いになり、グナムは運転手を階段から落として、キムが死んだ証拠に、キムの親指を持って逃亡します。

スポンサーリンク

「哀しき獣」映画の主なキャスト

グナム役/ハジョンウ

俳優、1978年3月11日生まれ、韓国出身

主な出演作品

韓国映画

  • 国家代表!?
  • テロ、ライブ
  • お嬢さん
  • ベルリンファイル
  • 白頭山大噴火

ミョンジョンハク役/キムユンソク

俳優、1968年1月28生まれ、大韓民国出身

主な出演作品

韓国映画

  • チェイサー
  • 暗数殺人
  • タチャ
  • 1987、ある闘いの真実
  • 海にかかる霧

キムテウォン役/チョソンハ

俳優、1966年8月8日生まれ、韓国出身

主な出演作品

韓国ドラマ

  • 王道の道
  • 死ぬほど好き
  • ファンジニ

韓国映画

  • サスペクト哀しき容疑者
  • 冥王星

ソンナム役/イチョルミン

俳優、1970年 7月 11日生まれ、韓国大邱広域市出身

主な出演作品

韓国ドラマ

  • その恋、断固お断りします
  • ペントハウス
  • ブラック
  • 優しい魔女
  • アビス
スポンサーリンク

「哀しき獣」映画のあらすじ

中国の延辺朝鮮族自治州で暮らすグナム。

彼はタクシー運転手をしていましたが、賭け事に明け暮れ、堕落した生活をしていました。

韓国へ出稼ぎに出かけたグナムの妻も、ここ最近は連絡が取れずに、グナムへの金銭援助も滞っています。

先の見えない生活から、グナムはますますギャンブルにのめり込み、店で喧嘩をしてしまいます。

そこに居合わせたミョンから、韓国である男を殺す仕事を依頼されます。

そして成功すれば借金は帳消しにすると言われたグナムは、指定された船に乗り込み韓国へと渡ります。

スポンサーリンク

「哀しき獣」映画のみどころ

警察と裏組織の両方から追われるグナムの逃走劇はスリリングでみどころです。

結局グナムは、ミョンからも裏切られてしまい、完全に孤立し、追われる身となります。

グナムは、キムが運転手に殺害された理由もわからないまま、逃げ回ります。

グナムは、妻のことを調べる度に、韓国で出会った人から妻の不貞行為を聞いたり、妻が殺人事件に巻き込まれたかもしれない話を聞いて追い詰められます。

自身の置かれる状況を明らかにするために行動をしますが、襲撃に遭い、何とか生き延びることを繰り返します。

危険な目に遭いながら、キムと周辺人物、ミョンとの関連が分かってきた頃には、グナムの身体はボロボロになり、中国に帰るためにジャックした個人船の中で息絶えます。

全てが終わった後に、何も知らない妻が帰宅する場面は後味が悪く、韓国ノワールらしさが爆発していました。

スポンサーリンク

「哀しき獣」映画の予告編

この記事を書いた人
てんみり

韓国ドラマ・韓国映画・台湾ドラマ・台湾映画・中国ドラマ・中国映画を気ままに紹介するサイトです!気まずいシーン・怖いシーンの多い作品を中心に紹介しています。

てんみりをフォローする
ブログランキングに参加しています
てんみり
てんみり

いつも応援ありがとうございます♪
下のバナーをクリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

スポンサーリンク
U-NEXT
韓国映画
映画&ドラマらぼんご

コメント

タイトルとURLをコピーしました